連続講座・古代史

  今月の中旬からはじまる連続講座(in犬山フロイデ)「古代史とその文化を学ぶ」犬山市域周辺の遺跡・文化遺産から見えてくる古代史像 ことしのキーワードは、、「環境・地形・物語」です。筋書きは弥生時代の犬山扇状地…

「時の市場」との出会い

  ある街、その風景を考える。 そこにはほんとうに数多くの歴史的風景が残されていることに気付く。 そして,その風景は刻々と移り変わり・・ある意味で淘汰され、いつの間にかその風景に馴染んでいくモノたちがある。 歴…

比較の上での大きさ、という立ち位置

僕がず〜と・・深い部分で思い続けているコトバです。 それは「この国のかたち」という書の冒頭に出てくる。 ほんの一瞬のつぶやきのようなコトバです。 「日本の古代というのは,じつにわかりにくい。 どうして大和政権が, 古代日…

神、楽しむかな魂の祭

“今の人たちが考えたり語り合ったりしていることに対しては,どうしてかあまり共感をいだかないのに,ずっと昔の人たちの思考やことばのなかには,たいした予備知識もないのにすっと入り込んでいくことができ,そこで考えら…