幡豆の海に浮かぶモノたち

幡豆

 

ハズの海,ほんとうに伊勢湾を横断する海の路です。ハズの神々,シマの神々がそこに住まう場面だ・・。何年前になるのだろうか,,古代ハズの海について少しだけ言及した事がある。あのころの考古学情報とその質が異なるが,向っている方向性は今も変わっていないと,,実感している。そうです海,三河湾。この場所の文化遺産と出会う機会を与えてもらった。新しい視点で,仲間と挑んでみたいものだ。大きくなった行政区,そこに埋没しようとする地域が幾多ある。でも本当はそうではないハズだ。個性的な地域社会を再び見える化する事,ミッションが生まれる。そして準備は着々と進んでいる,,と思う。楽しみです。

旧幡豆町の文化遺産調査,詳細分布調査をNPOニワ里ねっとが実施します。最新の機器デジタルを使い,超アナログ的志向をもって頑張ってみたい。そして多様な何かを巻込むカタチで,NPO的な調査を目指したいものです。そこに沈殿し静かにたたずむ文化遺産がある限り・・・。

ぜひご協力お願いします。