一万歩の街道散策企画

狛犬

犬山扇状地にはいくつもの街道がある。その中でほぼ中央部を縦断し,旧河道や河岸段丘を上手く利用しながら設定された路がある。かつて扇状地の拠点であった小口城(丹羽郡大口町)から木之下城(犬山市)までの路,通称「織田街道」と呼ばれる。登場する人物はもちろん織田広近。その縁の地を訪ねながら,扇状地に残る文化遺産を観じる旅を企画。未だ評価されていないいくつかの古墳や不思議な石仏群なども,,。約一万歩,7・8kmの行程です。

知りませんでした,愛知銀行がこの場面からはじまったとは。10月26日(土)。参加お申込は10月3日からです。NPOニワ里ねっと

残念,僕の大好きな木製の狛犬が・・。いなくなった。何処にいってしまったのだろうか・・・。再開を楽しみにしていたのに

織田街道 織田街道 織田街道