倭鏡製作公開実験へ

  

東之宮古墳の倭鏡製作,4月に公開実験を行う方向で・・。2・3月は工房にて微修正と公開への段取り等を決めていきたいと思います。とりあえず昨日の結果から,やはり「湯」の温度管理,微妙な鋳込土の按配などなど,精巧な図像復元にはまだ,乗り越えなければならないヤマがありそうです。次の実験日が楽しみだ・・・。

当実験では生砂型工法。しかしながらいわゆる,多くの実験で行なっている「踏み返し法」による炭酸ガス硬化砂を使用する現代工法はいっさい使用しておりません。なるべく古代工法に即したものを,素材を利用しての鋳込み実験です。