歴史を封じ込める塗料

 

月津塾,ようこそうるしの世界へ。漆芸家の浅井啓介さんをおまねきして開催いたしました。いや〜勉強になります。漆とはそういうものだったのだと,,あらためて感動しました。そして長き時間をかけて培ってきた日本の伝統文化の奥深さをあらためて実感。

とくに漆とはモノの歴史をとじこめる事ができるのを知りました。金継ぎ技法などに見られるモノとヒトとの関わり方。まさに文化です。割れて機能を失った器,それをただ復元するだけでなく,その使用した歴史とともに封じ込め,そこに新たにもう一つの景色を見出す。なるほど・・・。そうか・・。