青銅鏡

 

倭鏡の製作実験。全体の形状がほぼほぼうまく鋳込む段階までやってまいりました。生型砂も半年ほど経過しました。やはり砂といより土といった感覚が僕的にはしっくりいくような・・。土で型を起こしてそこに青銅を流し込む。なんども何度もすばやく実験ができます。青銅の溶かしこみもほぼほぼ完成形。ごくごく簡単な仕組みで製作可能,だがそこにはとてつもないノウハウが隠れています。お疲れ様でした。

次回は一般的な倭鏡での鋳込み実験と鋳込む形式(現状は落とし込みだけですが,,)をあれこれ試作する事になりました。さてどうなっていくのか・・ますます楽しみです。