v.弐カード

文化遺産カード,「第1次配布企画」終了。

平成22年度から「文化遺産カード」を作成し,文化遺産の写真や情報を掲載した統一カード事業を展開してまいりました。現在までに,埋蔵文化財行政・各教育委員会・NPO法人・各種連絡協議会などの協力を得て、各地の博物館や資料館、その他文化遺産の周辺施設で配布していただいております。文化遺産カードの作成は愛知県内だけではなく、新潟県・岐阜県・福井県などカードの種類は総数で平成30年度で200種以上120000枚ほどとなっております(すでに配布終了カードを含む)。

このたび平成22年からはじまりましたカード製作を「第1次文化遺産カード配布企画」として,本年をもって終了することになりました。旧カード制作の新規依頼は9月をもって終了予定(継続して製作中のものはのぞいて)。

現在継続中のカードはそのまま維持しながら平成31年より「第2次文化遺産カード配布企画」を立ち上げる準備をはじめております。

「v.弐」(ぶいに)カードを予定してます。先行して9月1日より青塚古墳ガイダンス施設にて「青塚古墳」「青塚砦」を試験配布します。詳細は公開ホームページヘリカネットにて。

今後の予定や「v.弐」カードの仕様・価格も順次公開していく予定です。なおv.弐カードはご依頼が多かった「1種カード制作」「価格のコストダウン」を実現する企画になります。印刷工程を大幅に見直し,ご要望に答える形で準備中。できれば公共以外で個人にて制作できる価格にもっていきたい。ご近所の「文化遺産」のカードを作成し,仲間を募って配布環境を整えたいという方々のためにも。