楽田のお城

犬山市楽田,現在の楽田小学校がある高台が楽田城。以前に当NPOの事業で楽田城界隈の散策を実施した。宅地開発でかなり変貌しているが,基本的な街区はよく残っているほうだと思う。今がギリギリ,何とかしなければという思いが皆ある。いま楽田城が危機かもしれない。小牧長久手の戦いの場面であるが,どのような形で後世に受け継がれていったら良いかいささか迷う部分も多い。昭和期の写真の左側には木曽街道の横町の街区がとてもよく残る。こちらも現在においても基本的な枠組みは変わってはいない。いい場面だ。

お城の南側には小河川と沼地が広がり,その向こうには名古屋経済大学が所在する内久保砦が見えていたハズである。楽田城は通説では織田久長が永生年間に築城したとするが,すでに指摘されているようにかなり怪しい・・。また伝説化している幻の日本最古の「天守」なるものも,,。いずれにしろ考古学的な資料が必要で,その調査が基礎になる。その一歩がはじまるようだ