雲出の悪神たち

昨日は悪神の考古学その2in名古屋。アザカの荒ぶる神のお話をしました。久しぶりに一志郡,倭姫命世記に見るアザカの荒ぶる神,風土記逸文に残る伊勢津彦伝承,日本書紀雄略紀の朝日郎,そしてアザカの海に沈んだとされる国津神「猿田彦」。さらには壱師君,「タケシコ」・・。事欠かない面白き場面です。何度尋ねても,実に感動的です。

雲出川に宿る神は誰なのか・・。S字甕誕生にまつわる物語は奈辺にあり。津市域から松坂市域までじっくり歩くしかない。今年中にはなんとか実現したい,直近の情報は和氣さんにお願いしようと思ってます。

週末は「狗奴国物語その2」in岩倉。女王國幻想です。3話のうちの中間,折り返し視点に立つ。あとは3話の狗奴国へ一路。