ふたかみ邪馬台国シンポ13「邪馬台国時代の関東と近畿」

東海系トレース
ふたかみ邪馬台国シンポジウム13
 -ふたかみ史遊会第132回例会- 「邪馬台国時代の関東と近畿」
日時:7月14日(日)・15日(月・祝日)

14日:13:00〜17:00 15日:9:30〜15:30

会場:ふたかみ文化センター・市民ホール 定員:先着300名(事前申し込み不要)参加費:500円(2日間有効)

【日程】
●第1日 7月14日(日)13:00〜17:00(開場12:00〜)
13:00〜13:20 開催挨拶 松田真一・二上山博物館館長
13:20〜14:10 【研究報告1】
演題「2・3世紀の毛野の集落と古墳」 講師 深澤敦史氏・群馬県教育委員会文化財保護課
14:10〜15:00 【研究報告2】
演題「邪馬台国時代の房総」 講師 大村 直氏・市原市教育委員会生涯学習部ふるさと文化課
15:00〜15:20 休憩
15:20〜16:10 【研究報告3】
演題「2・3世紀の相模の集落と古墳」 講師 西川修一氏・神奈川県立旭高等学校
16:10〜17:00 【研究報告4】
演題「外来土器から見た2・3世紀の関東」 講師 比田井克仁氏・中野区立歴史民俗資料館
●第2日 7月15日(月)9:30〜15:30(開場9:10〜)
09:30〜10:20 【研究報告5】
演題「2・3世紀の東海と関東東海系トレース再論」 講師 赤塚次郎氏・愛知県埋蔵文化財センター
10:20〜11:10 【研究報告6】
演題「2・3世紀の近畿からみた関東」 講師 森岡秀人氏・日本考古学協会
11:10〜12:00 【研究報告7】
演題「2・3世紀の関東・東海・近畿」 講師 石野博信・二上山博物館
12:00〜13:00 休憩
13:00〜15:30 シンポジウム「邪馬台国時代の関東と近畿」
テーマ1「土器からみた流通」、テーマ2「集落構成と集落内の金属製品」テーマ3「初期古墳 墳形と副葬品」、テーマ4「関東からみた東海と近畿」
パネリスト:深澤敦史氏、大村直氏、西川修一氏、比田井克仁氏、赤塚次郎氏、森岡秀人氏
司会:石野博信

今年も、参加する事になった、会場がいつもの二上山博物館ではなく、近くのホールです。
邪馬台国時代の東日本、とても面白い場面が多いと感じてますが、どこまでイメージできるか、、楽しみです。