比高差20mの空域

本日,アユチ潟をめぐる遺跡のお話を一コマ。そうだな,今までどちらかというとアユチ潟を北から俯瞰していたと思う。尾張連氏と断夫山古墳の関係からです。今回は,アユチ潟を南から俯瞰するお話になる。面白い視点が見えてきたが,果たしてどうなるのだろうか・・。楽しみです。

キーワードは「比高差20m」前後の世界。とりあえずこの一点に絞り込みたいが,そして廻間I式後半期だ,そうだ,S字甕が一気に伊勢湾沿岸部に爆発的に増加する時期を迎えようとする時点でもある。そこに,,,とある物語が見えてくる。