逆わらしべ長者が住まう空間

岐阜公園

 

先日、岐阜公園界隈を散歩中 ここは本来は磐座のような場面だろうか・・。と

「市」があった場面のようです。信長はそれを知っていたのかわわかりませんが、面白い仕掛けを残しているのかもしれません。過去からの歴史レイヤーがちょこっとだけ顔を見せる瞬間が、、たまらなく嬉しいです。

昨日、古くからの「公園」についての物語、面白いですね。秋にそのあたりについてのセッションが決まった。そうかやはり、地域にはすべてを投げ打って誇り高い意志が働く瞬間があった。その場に直面した人物がその志向性に反応できるかが、、問題かもしれません。でも地域の文化遺産を後世に残した英断は、資産を全て投入したこうした人物たちの存在がおおきい。彼らを何と呼んだらよいのだろうか・・。逆わらしべ長者