海と吉良

ハズ吉良web

三河國幡豆郡,吉良町

NPOニワ里ねっとが継続的に文化遺産の詳細分布調査を実施中,
思っていた事であるが,やはり,中世の段階で何処まで海が入り込んでいたか,,,
一つのキーワードになりそうです。
畑や水田での土器分布と重ね合わせると,かなり確実な地形復原ができそうだ。

そして,遺跡環境も観えてくる。がしかし,何かしっくりこない部分もある。やはりフィールド重視。

また,吉良正法寺古墳の謎解きもまだまだだ。あの場面・あの立地,不思議な巨大古墳でもある。はたしてかの王が住まう場面とその仲間たちがいる遺跡は,,何処にあるのだろうか。可視領域が一つのヒントを与えてくれそうです。その結論は,,,3月に予定している歴史座in西尾にて。

可視領域