ある晴れた日の情景

文楽

街を歩く,文化遺産に出会う,そこに暮らすヒトとの出会い。

いつの間にか消えてしまった道標,資料館の前で出会う,どこか異なる空気を感じる。

神社,巨木がヒトと神を繋ぐ鎮守の森,大きな機会が木や葉を根こそぎ切り倒す,違うだろう。

祭礼がはじまる,キリットした空気感が,騒がしい賑やかな場面に切り替わる,神は何処にいる。

ゆっくりとしたメロディーが流れる,独特の節回しとともに異次元のモノたちが動き出す,その瞬間がたまらない。

路地を歩く,ちょっとした勾配,わずかな道幅の変化,微妙な屈折,何か太古の香りがする。

こうした場面を楽しみたい