河港,笠松の文化遺産

笠松2 笠松3

岐阜県笠松町,ちょうど菊花賞場外馬券で競馬場に人の波。ここは鮎鮨街道の港町,大型船はこの笠松から木曽川を下る。街並は,,む,,ギリギリといった感じかな。まだ間に合うと思うが,趣はとても素敵な街だと思う。

笠松町歴史未来館の加藤さんにご案内いただき,街の文化遺産を巡る。昨日は下羽栗と松枝地区。そうです,ここは尾張國葉栗郡。全く知らない歴史が街の至る所に点在している。歴史の舞台ですね。木曽川の渡河地点,墨俣と同様に,数々の歴史的な出来事の舞台となってきた。そしてその痕跡が僅かに残る。

知りませんでした。森成利(蘭丸)生態の地がある。いまでも森一党が住まう場面です。息づいてます,いいですね。森可成が尾張国葉栗郡蓮台(現岐阜県羽島郡笠松町)に生まれる。という事のようで,東流廃寺は知っていましたが,,まさかここに・・。周囲を見渡すと,何度も歩いた,境川界隈の風景がある。そうか,そうだったのか,,とあらためて。笠松という場面を勉強できました。

いろいろな方に出会えて,よかったです。感謝。今少し,笠松界隈の散策がつづく・・・。

笠松1