木之下城というカードをキル

木之下城

愛知県犬山市 国宝犬山城とその城下町,そして町の中にあるもう一つのお城が「木之下城」だ

NPO法人ニワ里ねっとが進めている「犬山たび」その中でもたびたび登場する・・。場面。その基本情報はこんなところが通説のようだ。

通説では木之下城について次のように描かれている。15世紀後半に起こった応仁の乱により,美濃国の守護代であった斉藤妙椿が斯波義敏の領地である尾張地域を攻略するため,鵜沼に進軍,これを察した義敏の臣であった織田広近が,その防御のため文明元年(1469)5月に城砦を現在の木之下地区に築いたのがはじまりとされている。織田広近は現在の大口町に所在する小口城を拠点とし,木之下城を支城として護りを固めた。以後は代々織田氏が居城し,六代目とされる織田信康が天文6年(1537)に木之下城を廃城し,現在の犬山城付近に城を移した。

そしてここには面白い金明水伝承が残る

ところで木之下城には興味深い伝承が伝わっている。城内には「金明水」という井戸があり,どんな厳しい日照りでも水がかれたことのない井戸として知られている。

この物語は,実は,この地がどんな場面なのかを明確に教えているのだが,,。さて,キーワードは・・。

犬山城下町,とっておきの切り札をキル,時期が近づいています。それは・・・。当NPOの第3幕のはじまりかもしれない。まもなくお知らせできると思います・・・。

 

もも次郎