吉備の津 詣で

吉備路

ほんとうに久しぶりです。吉備路。次回のカルチャーでお話する場面ですが,やはりどうしても確認したい場面があり,かなり強行軍で旅立つ。お天気がとても心配でしたが,朝一番に電車に飛び乗り,吉備路についた頃は,ちょうど雨上がり。ありがたい・・。いつものペースだ

ほんとうは,,この地のこだわりでもある「足守川」の砂つぶを採集する予定であったが,雨の増水で断念。またの機会を・・。以前おうかがいした時とは大きく印象が異なる。それはなぜなのだろうか,,と水田の中を軽快に動きながら自問する。ぜんぜん違う。一品一宮(いっぽんいちのみや),ご挨拶できました。ときどき出会う山陽道,いい雰囲気が残ります。素晴らしい,やはり街道を歩きたくなる。だが,あちこちにある看板は,彼をモチーフとしたすべてお決まりの鬼伝説,有名無実化して面白くないと思うが,,。

駅前で面白い本を購入,これ好いですね,地元の方のご著書です。それにしても地神とは,,だれだ。彼かな・・。

吉備路 吉備路 吉備路 吉備路 吉備路 吉備路

吉備路