文化遺産をアナログ化する仕組み

文化遺産カード

 

文化遺産カード

大垣市にて16種類を追加,全市域にて展開中。西濃地域が充実してきました。

本市には、広く市域全体に歴史的な文化遺産が点在しています。こうした文化遺産への訪問を促し、理解を深めていただくため、文化遺産カード16種類を作成し、市内8施設で配付を開始します。
 全16種類の完全制覇を目指して、市内の文化遺産を巡ってみてはいかがでしょうか

先日,その企画打合会議にて,今後の展開を考える酒宴。いくつかの問題点が浮かび上がってきましたが,それはそれで面白いと感じてます。それぞれのニーズ,多様な展開をどのように取り入れて大きく育てて行くかが問題です。ぜひ多くの参加・意見をいただきたい。

なお,まもなく新しい企画が追加できると思います。いずれにしても裏側で頑張る事務局・サポート体制が充実する必要があるね。NPO法人ニワ里ねっとの総合窓口は,青塚古墳ガイダンス施設。

文化遺産カードの聖地  何処に置くか,,,。

 

青塚古墳