東海系のトレース第1幕という場面をあらためて考えてみる

東海系トレース

 

2世紀のトレンド:弥生社会とは異なる風景へ

西暦2世紀は弥生時代後期社会が終わり,次の時代に突入する。その時代を弥生時代の延長として捉える研究者は「弥生時代終末期」と呼び,古墳時代の開闢期と考える者は「古墳時代早期」と位置づける。いずれにしろ,弥生時代前期・中期・後期とした弥生社会とは一線を画する時代になっている事という意味においては,大方の評価が一致してきたものと考えている。つまりそれまでの弥生文化が行き詰まり,新しいトレンドと方向性が見え始めてきた時代と評価できる。では,それはどのような時代として映像化できるのか,そしてその風景の中で,どのようなモノたちが活躍した時代として歴史ストーリを組立てる事ができるのかが問題となる。・・・・

というような物語を書いてます。in二上山シンポの予定