うさぎとさるが夢の島

矢穴石

三河湾・幡豆の湊 かつて「うさぎ」と「さる」の観光地だった。しかし,今は誰もいない無人島となる。天気が心配でしたが,わざわざ湊から船を出していただき,島の文化遺産調査へ・・出発・・。ほんとうにありがたいです,感謝。

沖島は静かで,島全体が神域という感じです。島の中央にある神社では,巨木のタブが迎えてくれます。きっと,何か言ってますね・・。彼らは・・。いつもなら幡豆の潮干狩りで多くのヒトでいっぱい,だそうですが。今年は名物の島のあさりがさっぱり,,という事で,,残念です。おかげで,島はわれわれの独占状態。島の神々にご挨拶をして,幡豆石の奇跡を確認に・・・。探検

幡豆湊 沖島 沖島 沖島 沖島 前島

沖島から前島へ,こちらではあさり採取の人たちがぱらぱら,,でもこちらもあさりたちはいないようです。残念ですね。そうなんですね,潮干狩りというと何となく海岸の砂浜で軽くガリガリ,そしてあさりがザクザクというイメージですが,ここでは岩・石をとりながらゴリゴリですね,この環境で育つ貝は旨そうです。機会があればぜひ,体験したい・・。

島のあちこちに名古屋城の石垣を切り出した場面が残る。幡豆石の奇跡です。実に矢穴石が美しい。島で持参のお昼をいただきながら,ゆったりとした時間を噛み締める。潮騒に・・・。鳥たちと海の音と香り。海か・・。邇波の場面とはまったく異なる世界が広がっている。

東幡豆の前島は干潟がつながる現象(トンボロ現象)が見られる。歩いてみたい・・・。

21日,,「歴史座in幡豆」準備は万端,だと思う。皆さんとお会いできる時間を楽しみにしてます。幡豆公民館午後1時から

前島 矢穴石 前島 前島