熱田の森に神楽の舞,そしてあのメロディーが聞こえてくる

熱田神楽保存会-1熱田神楽保存会-5

 

熱田神楽保存会-19熱田神楽保存会-2

 

熱田の森へ,朝からかなりの人・ヒト・者です。空気も乾いていて,とても新鮮な気分。

熱田神楽保存会による奉納に参加させていただきました。25周年記念。おめでとうございます。奉納される神楽の舞,,シンプルですね,素朴な雰囲気が良いです。それに継承されて行く事。これが素晴らしい。保存会の皆さんとそれを支援している皆さん,その努力に頭がさがります。有形無形の文化遺産,僕らも頑張らねば

太鼓・笛のシンプルな音色,鈴の音。これは遺伝子に直接響き渡ります。これが良いです。祭り囃子,古いメロディーが何かを覚醒させてくれているように思えてきた・・。

奉納のあと,懇親会にも参加し,活動の報告の中で,先日行われたイベント,大垣市昼飯大塚古墳の記念アトラクション。その紹介もあり,皆で盛り上がりました。人との出会い,不思議ですね。寅さんにも合えました。楽しい場面でした。

熱田社,最近は拝殿・本殿の後ろを迂回できるコースがある。本殿の裏に何やら巨大な高まりが身近にうかがえます。もうかなり以前にひょっとしたら,,と発言したことがあるが。間違いなく古墳でしょうね。この巨大な高まりの正体はなに,,あの時から二十年の歳月を遡り,再び問い直す時期が近づいているように思えてきた・・。

熱田,個人的にも父が生まれ育った場面でもある。よくその話を聞いた。だから今日は,ここに伺ったのは,何かの因縁のような気にもなっている。

 

熱田神楽保存会