入鹿と虫鹿

入鹿池

 

入鹿池 (愛知県犬山市)ここ数年この池にまつわる文化遺産を仲間の皆さんといっしょに調査している。小さいことから慣れ親しんだ場所だ。もちろんそのころは,高速道路インターもなかったからとても静かな場所であった。たしか,,奥入鹿まで一日に数便のバスがあった。僕は自転車でよくここに来た。まだ周辺は田や畑が続き,湖畔までの路はいくつかあって,,とても楽しい場面だった。さらに五条川の源流はとても神秘的で何かぞくぞくする場所でもあった。

さて,「入鹿屯倉」を探そうプロジェクト 今年も何か楽しい発見がありそうだ・・・。その前に僕としてのイルカの里のイメージを作ってみたい。その準備をボツボツ,,とはじめる。ここは水田耕作を主眼とする場ではなく,「虫鹿(むしか)の神」が住まう場面である。という基本姿勢で挑んでみたい。

犬山扇状地から望むと,まさに聖なる二つの山が,人びとを拒む入口の門のようにそびえ立つ。そしてその谷間を登っていくと・・・。巨木が住まう神秘の場面がある。そこに流れ落ちる美しい水,虫や動物たちが集まってくる・・・。