Report

駒ヶ岳神社 太々神楽

国選択無形民俗文化財

太々神楽

"一子相伝形式で十三座が祭日に拝殿の舞台で奉納される。問答で舞うのと奉楽に合わせて舞う二形式があり,三剣の舞・四神五返拝なでの舞は,特に迫力があって素晴らしい"
山間の静かで小さな神社,そこに引き継がれてきた見事な歴史絵巻風景が存在する。
駒ヶ岳神社神楽 23.jpg

駒ヶ岳神社神楽 40.jpg

駒ヶ岳神社神楽 51.jpg

駒ヶ岳神社神楽 71.jpg

駒ヶ岳神社神楽 80.jpg

太々神楽は,岩戸開舞に始まり,
六神行事までの十三座を順次奉納
ただ,順番は少し異なる。
湯立神楽
第1座岩戸開舞(いわとびらきのまい)
第2座御神入舞(ごじんにゅうのまい)
第3座病気平癒幸神舞
(びょうきへいゆこうじんのまい)
第4座神代御弓舞(かみよおんゆみのまい)
第5座陰陽津賀井舞(いんようつがいのまい)
第6座豊年神子舞(ほうねんみこまい)
第7座四神五返拝(ししんごへんぱい)
第8座止雨武多井舞(しうぶたいのまい)
第9座岩戸別神鈿舞
(いわとわけのかみうずめのまい)
第10座通常津賀井舞(つうしょうつがいのまい)
第11座大宝舞(たいほうのまい)
第12座三剣舞(さんけんのまい)
第13座六神行事(ろくしんぎょうじ)

駒ヶ岳神社神楽 103.jpg

2011-05-03 神社を訪ねる

JR上松駅から駒ヶ岳神社まで3.8km 
約1時間。谷間の集落を登っていく,
桜があちこちに,,いい雰囲気だ
駒ヶ岳神社の入り口に到着,
誰もいないし,人もいない・・。
参道らしき急な山道を登っていく。
静かですが,少し不安になってくる。
里宮が近づいた頃,どことなく太鼓の音が・・安心する。
凄いいい雰囲気です。
すでに湯立神事が始まっていたようだ。9時すぎに到着。
第1座から奉納が始まる。静かに・淡々と。昼ごろに近づくにつれて,人が増えていく。
今回は,第1から6座そして「六神行事」で午前中はおしまい。11:30〜12:30まで休憩

昼から第9座,そしてあの「四神五返拝(ししんごへんぱい)」面をつけての勇壮な舞
凄いです,力強い踏み,動き。時空間が動きまわり,あたりの空気が変わっていく・・。
内からの古代神が浮き上がる気分です。最高ですね。
「大宝舞」,これまた良いです。
深い深い,深層にのめり込める瞬間。
そして「三剣舞」,これが最後でした,
しかし感動的ですね。3時ごろ終了。
ご挨拶があり,素朴な雰囲気がとてもすてきです。
ぜひ,このままのカタチが,継承されることを・・。
実に,,素晴らしい風景です。

四神五返拝


駒ヶ岳神社

長野県木曽郡上松町 
駒ヶ岳神社の祭礼
国選択無形民俗文化財
5月3日に開催(年1回)

アクセス

JR上松駅下車
3.8km 徒歩約1時間

太々神楽

駒ヶ岳神社にて開催
5月3日(年1回)
神事は午前9時前から開始
お昼は1時間ほど休憩
終演時間は午後3時頃